カンジダは軽く見ないで病院へ

MENU

カンジダは軽く見ないで病院へ

カンジダ症が喉に感染しやすい原因としては、オーラルセックスが主な原因として考えられます。女性のみならず、男性同士の性行為によってもオーラルセックスは起こりうることから感染しやすさに性別は関係ないことが考えられます。

 

カンジダ症の症状としては、倦怠感や微熱、そしてなんといっても喉の痛みを伴うことが多いです。こののどの痛みというのがカンジダ症の特徴ともいうべき症状です。

 

オーラルセックスにおいては世紀を直接口に含み、のどに接触することからこの症状にかかりやすい状況を自然と作り出してしまうものです。その関係からこのような性病の一種である病気にかかりやすい状況を作り出します。この性病が厄介なことには、一度観戦すると再発を繰り返して完治が難しいということです。一度かかってしまうと再発を繰り返し、結果的に慢性化してしまうおそれがある性病です。

 

カンジダ菌というのはカビの一種であり、男女問わずに腸に存在している菌の一種です。女性の場合には腸のみならず膣にこの菌を保有している事があり、コンドームを使わずに性行為をしたり、挿入後にオーラルセックスをすることによって容易に感染するリスクを高めてしまうという特性があります。

 

カンジダが悪化するまで

 

カンジダと聞くと、性病だと勘違いされる方が多いですが、
必ずしも性病とは限りません。誰にでも起こりうる病気です。

 

この菌は、もともと人間が膣内や腸管などに持っている常在菌です。
性行為により感染する場合もありますが、人間に害を及ぼすものではありません。
健康な人であれば、日常生活になんら支障はないのですが、
風邪、ストレス、疲労などで免疫力が低下すると、
菌が異常発生し、痒みなどの症状を引き起こすのです。

 

男性の場合、この菌を保有していても症状はほとんど出ません。
しかし、包茎、糖尿病、ステロイド剤の投与等が原因で、症状が出る事はあります。
主な症状は、亀頭の痒みや爛れ、亀頭が赤くなり白いカスが出る、
亀頭に小さな水泡、まれに尿道炎を起こすなどが挙げられます。

 

女性の場合は、腟と外陰部に同時に症状が現れることが多く、外陰腟カンジダ症といわれます。
主な症状は、外陰部や腟の痒み、ヨーグルト状のおりものの増加、性器の炎症、
性交痛、排尿障害などです。

 

カンジダ菌は女性の方がなりやすい傾向にあります。
それは、菌が湿っている所を好むため、
女性の膣内で発生する事が多いからです。

 

これらの症状が出てしまった場合、すぐ治るだろうと放置しておくと、
慢性化してしまう可能性がありますので、
早期に病院へ行き、薬を貰い治療しましょう。
ただ、あまり深刻にならずに、誰にでも起こりうる病気で、
治療すれば治るんだと、気楽に治していきましょう。

 

カンジダの症状が喉に!?

 

最初に私の体験談をお話します。

 

私は小学5年生でカンジダに
なりました。
凄く汗っかきで、発症に繋がりました。
陰部が赤くなり少し痒みがあったので
母に相談し病院に行きました。
そこで、初めてカンジダと聞きました。
陰部が湿った状態が長く続くと
なりやすいと言われたので
下着を交換して快適にするように
しました。
薬も塗っていたので、
1、2週間で治りました。

 

下着が湿った状態で放置していると
発症しやすく
するので清潔が第一だと思います。

 

現在では性行為をした後に
そのまま下着を履いてしまい、
時々カンジダになることは
ありますが、
小学5年生の体験を
思い出し気をつけたりしています。
悪化すると、
織物が粉チーズと混ざったようなザラザラ感が
あったり異様な匂いがしたりします。
病院で陰部にお薬を入れたりしなくては
いけなくなるので
ザラザラした織物が出てるかな?少し痒みがあるかな?
と思った時は婦人科に行き
見てもらって塗り薬を出してもらうと
いいと思います。
女性の方で汗を沢山かく方で、

カンジダになったことのある人は
お家に一つでも
お薬があるといいと思います!
恥ずかしくてお医者さんに
行けない方は薬局でも、
陰部に塗る軟膏など置いてあるので
そちらでも構わないと思います。
私の場合清潔にして
ほっといていても治らなかったので
お薬を使う方をお勧めします。

 

なるべく悪化しないよう、
濡れたままの放置はなるべく
避けてください。

 

【毛ジラミと性病の知識】性病はあらゆる性行為で感染!オーラルセックスだけでも感染ります

 

性病はコンドームを装着せずに性行為をすることで感染しますが、感染の経路はこれだけではありません。
性病の中には梅毒や毛ジラミ等コンドームを装着していても感染するものやオーラルセックスによって感染が広がる病気も多くあります。毛ジラミは陰毛に昆虫が寄生する事によって発生するため陰毛の接触により感染します。

 

梅毒の場合は性器の根元に発症する事が多くコンドームを着用しても感染してしまう可能性が大いにあります。
オーラルセックスによって感染する病気には淋病やクラミジア感染症等が挙げられます。
この2つの病気は感染した性器から喉に感染する他に喉から性器に感染してしまう事もあるので性行為していなくても感染する可能性が考えられます。

 

女性の性器クラミジアや淋病、男性の性器クラミジアはほぼ症状が現われません。
症状が現れない上に放置すると不妊症の原因となる可能性もあるため早期発見・早期治療が重要となります。治療をすれば治る性病なら良いですが、性病の中には一度感染してしまうと完治する事のない病気も存在します。
そのような性病に感染しないためにもオーラルセックスを避け、する場合はコンドームをきちんと着用してから行うようにするなど対策をすることが必要となります。

 

毛ジラミ

2016/01/07 00:22:07 |
ルテインが花粉症に効く?花粉症必見の効果とは生まれつきだったり、突如として花粉症になってしまう方は多いです。その症状は、風邪よりも酷い場合もあり、鼻水やクシャミの他に目の痒みなどが一度に襲ってくるため、毎年春になるとそれが憂鬱になってしまう方もいます。そして、そんな花粉症で困っている方に朗報なのが、ルテインがその辛い症状に効果があったり、症状を緩和してくれるという事です。最初にルテインとは何かというと、緑黄色野菜に含まれている抗酸化作用を持つ物質です。自然の野菜に含まれている成分ですので、それを摂取することで副作用が起きる心配もありません。主にその成分が多く含まれている緑黄色野菜としては、ほう...
2016/01/07 00:22:07 |
性器ヘルペスの感染源と発症の理由性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症ですが、ウイルスに感染しても症状が出ないこともあり、感染したことに気づかない人もいます。症状がなくてもヘルペスウイルスが性器表面に現れることがあり、その状態で性接触などをすると他人に感染する可能性があります。性器ヘルペスは、基本的に性接触でしか感染しないので、風邪などのように飛沫感染で感染することはありません。性接触した相手の性器にできていたヘルペスが主な原因となりますが、口唇ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルスが性器に感染すると発症することもあるので、口唇ヘルペスを発症している場合は、オーラル...